数ある求人情報の中から仕事を選びやすい税理士

税理士の需要

税理士資格の取得について

税の専門家である税理士になるためには、原則として難関の国家試験に合格する必要があります。例外として、長年にわたって税務署での勤務経験がある場合や、司法試験、会計士試験の合格者も税理士資格を得ることができます。税理士試験は司法試験等と異なり寡黙合格制を採用しているという大きな特徴があります。寡黙合格制とは、1科目ずつ合否を判定するものです。合格した科目についてはその権利を翌年以降に持ち越すことができます。そのため、数年かけて1科目ずつじっくり合格を目指すといった受験生が多いという特徴もあります。かつては、税理士資格を取得して、一定の顧問先を確保できれば安定した収入が得られると考えられていました。しかし、近年では税理士数の増加等に伴い、そうした状況にも変化が生まれています。

顧客企業が求めていることとは

近年では、新規の開業数よりも廃業数の方が多くなってきています。また、会計ソフトの普及などに伴い、記帳代行や財務書類の作成、税務申告書類の作成需要についても大きな増加は見込めない傾向にあります。一方、複雑な税制を正確に把握するため、専門知識を持つ税理士に適正なアドバイスを受けたいという需要もあります。税理士数の増加に伴い、顧問料も引き下げ圧力が高まっている状況ではありますが、高いレベルの専門サービスをも求められる状況となっています。また、個人事業主や中小企業の経営者にとって、税理士は頼れる経営のアドバイザーでもあります。そのため、経営コンサルタント的な業務に力を入れているというのも、今後の重要なポイントであるといえます。